本文へ移動

寄付金控除のご案内

認定NPO法人とは、「NPO法人のうち、その運営組織及び事業活動が適正であって
公益の増進に資するものにつき一定の基準に適合したもの」で、所轄庁の認定を受けた
法人のことをいいます。
GEJが認定NPO法人であることにより、皆さまから頂いたGEJへのご寄付(運営会員以外の方の会費を含む)は寄付金控除(所得控除、または税額控除)の対象になります。
(個人による寄付の場合)
認定NPO法人が発行した領収書を使い、所得控除または税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けることができます。
1. 所得控除
その年中に支出した寄付金の額の合計額から2千円を控除した金額を、その年分の
総所得金額から控除できます。
【算式】
寄付金の額の合計額-2千円=所得控除額
(注)寄付金の額の合計額は、総所得金額の40%相当額が限度です。
2. 税額控除
その年中に支出した寄付金の額の合計額から2千円を控除した金額の40%相当額
をその年分の所得税額から控除できます。
【算式】
(寄付金の額の合計額-2千円)X 40%=税額控除額
(注1) 寄付金の額の合計額は、総所得金額の40%相当額が限度です。
(注2) 税額控除額は所得税額の25%相当額が限度です。
(相続財産の寄付の場合)
相続または遺贈により財産を取得した方が、その取得した財産を相続税の申告期限内
に認定NPO法人に対して寄付をした場合には、その寄付をされた財産には相続税は
課税されません。
 
(法人による寄付の場合)
法人が認定NPO法人に対して支出した寄付金は、一般の寄付金の損金算入限度額
とは別に、別枠の特別損金算入限度額が設けられており、その範囲内であれば損金の
額に算入することが認められます。
● ご注意ください。 以下のご支援は税控除の対象とはなりません。
・運営会員(個人及び法人)の会費
・GEJ募金箱への寄付
・街頭やイベント会場での募金
TOPへ戻る