本文へ移動

村民が笑顔を見せています     ブオサンクレ村農道ラテライト化

2017年12月11日
 
豊かな大地(GEJ: Good Earth Japan)が2017年度に計画したカンボジア北西部のバッタンバン州の元地雷原に散在する村々の支援事業の一部である道路整備は数件あり夫々本年6月に着工しました。しかしその後工事業者の機材の遅れ或いは雨季に入ってしまった事などにより、その完成が延び延びになってしまっていました。
12月に入り、その内の一つのブオサンクレ村のアース農道のラテライト化が漸く完成しました。
村民も何時になったらと気を揉んでいましたが、漸く完成したと喜びの笑顔を見せています。
 
GEJは、カンボジアの元地雷原に住む農民たちの生活向上や自立支援の為、この様な道路整備や学校建設及びため池造成等のインフラ改善の他に農業訓練による農業技術の普及・改善等も実施しています。 
工事開始前の状況です。 土の道路なので、雨が降るとぬかるんで通行が大変でした
6月末にカルバート(暗渠)を設置済みですが。。。
8月に完成予定でしたが10月末時点では未だでした
11月末になり、雨も少なくなり、漸くラテライトの整地と転圧の工事が済みました 
TOPへ戻る