本文へ移動

開校が待ち遠しいです。        オータコン村小学校

本年4月初めに着工した、オータコン村小学校がその完全な姿を見せて来ています。
基礎工事部分が一時冠水する事態も有りましたが、その後工事は順調に進み、建物は略出来上がり、教室に
生徒・先生用の机なども搬入されて校庭の整備や細かな点検作業に入っています。
10月初めの引き渡し式及び新学期が始まる11月1日の開校に向けて、最後の準備に拍車が掛っています。
豊かな大地(GEJ)が支援する元地雷原にあるバッタンバン州のオータコン村には、小学校が無く、
約160名の就学児童は近隣の学校に分散して通っています。一番近いルセイロキーゼル小学校までは約3キロ
の道程を徒歩で片道約1時間も掛っています。

 

その為、以前よりGEJはその建設を懇願されていましたが、GEJの本年度の予算で建設を進めました。

このオータコン村小学校でGEJがカンボジアで手掛けた小学校建設は、5校目となります。

オータコン村では、就学児童が首を長くしてその開校を待っています。

新校舎の状況です

入れ替わり立ち替わり、児童が見に来ています

オータコンGEJ小学校と命名されました

建物周りや校庭が整備中です

廊下も出来、各教室の扉や窓が取り付けられました

 

建設記念銘板も付けられました

         生徒用・先生用の机が搬入され、

黒板も取り付けられました

トイレもほぼ出来上がりました

TOPへ戻る