本文へ移動

雨季の大雨にも安心して通学できます。    オータコンGEJ小学校

豊かな大地(GEJ)の全面的な支援で建設されて去る11月1日に開校した、カンボジア北西部の       バッタンバン州、オータコン村の小学校の門前に太いパイプカルバート(暗渠)が埋め込まれました。
学校敷地前の掘割は細いパイプで繋がっていましたが、雨季の大雨の時は、細いパイプでは、流れる容量が     小さくまた詰まりやすい為に掘割が増水してその水が校庭や校舎への通路に溢れこんで来る大きな懸念が       有りました。その為現地は未だ乾季に入ったばかりですが、雨季に備えて太いパイプカルバートに交換する事にしました。
その工事はほぼ終わりましたが、これで大雨の時でも掘割の水はスムースに流れるようになり、子ども達も    安心して校舎にたどり着く事が出来るようになりました。

校門前両脇に掘割が有ります

太いパイプカルバートへの交換作業中です

カルバートの両端は、コンクリートで固めます

カルバートの上が整地されて、工事が完了しました。

TOPへ戻る