本文へ移動

校庭の美化運動などが進められています。   バッタンバン州 プレイピール小学校

豊かな大地(GEJ)が会員からの会費や一般の方々からの寄付金などを資金としてカンボジア北西部の   バッタンバン州に有る元地雷原であったプレイピール村に2013年に建設した小学校で、校庭の美化運動や 保健衛生改善活動が進められています。

校長先生の発案で、樹木などの保護をして校庭を美化する事と子どもたちに形の種類を覚えさせる為にそれらを色々な形にしたレンガ枠で囲む作業が進んでいます。 これで子どもたちに協同作業を体験させる事も一つの 目的として進められています。

加えて、国旗掲揚ポールが傾いてきたため、此れもレンガで囲み基礎を強化する作業をしています。

 

一方、子どもたちが校庭で運動や遊んだ後に手足をきれいにして教室に入らせることを目的に、

手洗い場の建設も進められています。

 

自分達の学校をきれいに、そして大事にして使おうと言う気運や考えが根付きつつあります。

樹木の保護囲い作り

先ず、校長先生が手本を示して
円形です
正方形です
三角形です
長方形です

国旗掲揚台の整備

先ず、材料の荷降ろしを、皆で
ポールは、倒しました
基礎部分は、慎重に
レンガ積みにチャレンジ
 
 
コンクリートで、外周を仕上げ、
ペイントを塗って、
終わりです
 

参考です。

 

本年8月のGEJスタディツアーで同校を

訪問した折、校庭の清掃作業を生徒全員と

ツアーメンバーでしました。

手洗い場の新設

屋根付き手洗い場です
支柱に穴あきパイプを渡して、水を出します。
パイプの上部には、軽い荷物の置き場を作ります。
TOPへ戻る