本文へ移動

今年度初の収穫がありました!

今年の3月末からはじまった今年度のきのこ栽培訓練。
現地から続々と収穫の声が届いてきています!
 
【きのこ栽培訓練についてはこちら↓】
 
はじめて栽培訓練に参加した村も、2回目の参加の村も、
たくさんのきのこが収穫できました!
初めて農業訓練に参加した農民たちは、トレーナーからサポートを受けつつ栽培方法を身につけていきました。
農民の食料にもなり、市場で販売すれば1kg3ドルで売ることができるので、
今の時期の貴重な現金収入になります。
 
参加した農民たちから感謝の声が届いてきています。
今回はそのひとつをご紹介します。
「私はピアスバエ村に2000年から住んでいる、Som Chendaです。
今回はじめてのきのこ栽培でした。きのこ栽培について半分しか理解ができませんでしたが、トレーナーがいつも温度チェックをしてくれ、何度もアドバイスもくれたので、よい結果が出せました。
これからもきのこ栽培を続けていきたいと思います」
現地からの喜びの声が聞けてとてもうれしいです。
これからも引き続きカンボジアの生活支援をしていきます。
TOPへ戻る