本文へ移動

カンボジアで独立記念55周年を祝うパレードが開催されました。

2008年11月26日
 
1953年11月9日、カンボジアはフランスから独立しました。

パレード

2008年11月9日、カンボジア王国は独立55周年を祝い、パレードを開催しました。
当日はパレードに先駆けて、朝7時にシハモニ国王殿下が独立記念塔にて「平和の火」を点火しました。
写真は独立記念塔前の広場の様子です。
その後、各省庁による「山車」と行進が行われました。
写真はそのほんの一部です。
各省庁は趣向を凝らし、自己組織に関係するあらゆるもの/衣装を演出していました。
当日の参加者は約50,000人と言われますが、 お祝いにかけつけた多くの沿道の人たちから、拍手や歓声があがっていました。
パレードに参加していた人たちは、独立を記念したお祝いということで、 とても誇らしげに歩いていました。

CMAC

パレードの最後尾を飾ったのは、GEJの協力機関であるCMACです。
CMACの行進は、地雷除去作業時に身につける個人用プロテクターを付けて行われました。
なかでも、地雷犬の登場に沿道からは驚きを喜びの声が聞かれました。
写真はCMACの「山車」(上)と、地雷犬のパレード(下)です。
TOPへ戻る