本文へ移動

稲の収穫が始まりました!!

農業訓練のひとつである稲作訓練、今年はピアスバエ村、バンプレイ村、ボーサンカエ村で実施しています。先週、ついに稲の収穫が始まりました!

 

今年は雨季の到来が遅く、各地で雨不足が深刻化していました。稲作訓練では、当初種もみから苗まで成長させてから、水が張った田んぼに植える「田植え」方式で行う予定でした。

しかし、まとまった雨が降らず、田んぼに水が張らなかったため、種もみを直接播く「直播き」に変更して稲を栽培していました。

田植え開始とおもいきや・・・稲作訓練

 

その後の稲の成長を心配していましたが・・・。

収穫直前の様子です。水不足を乗り越えて、見事な黄金色の田んぼができていました!

種もみの選別から始まり、雑草の除去などこまめに管理した結果です。

稲もたくさん実っています。

稲の収穫
【収穫した稲の脱穀】
【測量】

田んぼの3箇所の一定区画で収穫をおこない、その実績値をもとに1ヘクタールあたりの収穫量を計算しました。

【支援村の収穫量/ヘクタール】

ピアスバエ村1グループ 3,666Kg/Ha

ピアスバエ村2グループ 4,770Kg/Ha

バンプレイ村1 4,833Kg/Ha

バンプレイ村2 3,290Kg/Ha

ボーサンカエ村 4,416Kg/Ha

 

バッタンバン州の籾の平均収穫量が、2500Kg~3000Kg/Haです。支援村での収穫量は、それを大きく超えています!ピアスバエ村では2倍に近い収穫量です。

 

農業の知識や技術を身につけることで、たくさんの作物を栽培することができます。食料確保はもちろん、品質が高ければ市場で販売して多くの収入を得られます。

この経験をいかして、来年も、再来年も、たくさんの作物を育て上げて、村が豊かになることを願います。

TOPへ戻る