本文へ移動

2010年スタディ・ツアーご報告!№1

2010年12月22日
 
 
「豊かな大地」スタディ・ツア-が開催されました!
 
今回のスタディツアーは、大きく分けて3つの活動を行いました。
 
●プノンペンにて、現在のプノンペンの状況とトゥールスレン博物館、キリングフィールドなど内戦の傷跡の見学
●当団体活動地域、ラタナックモンドル郡にて農業体験と村人たち
との交流、ルセイロ小学校にて子どもたちとの交流会
●シェムリアプにて、カンボジアの伝統文化であるスバエク(影絵)や
アプサラダンス、アンコールワット等の遺跡群見学

プノンペン市内観光

●フィールドディ

カンボジアの王宮です。王様専用の象乗り場や戴冠式を執り行う広間、花の咲き乱れる美しい庭園があります。この横には銀寺(シルバーパゴタ)があり、数多くの仏像などを見ることができます。
トゥールスレン博物館。
元は女子高であった建物を、ポル・ポト政権時代に強制収容所にしたものです。当時の拷問の様子が描かれた絵や、その機具、犠牲者の写真などを見ることができます。ツアー参加者の皆さんも、その凄惨さに言葉を失っていました。写真は、博物館にあるポル・ポトの胸像です。訪れる人々が唾を吐きかけたり蹴ったりするので、破壊されないよう展示されています。今はポル・ポトの胸像が檻の中です。
キリング・フィールドにて。
プノンペン郊外の処刑場あとです。トゥールスレン博物館から移動された白骨死体や、未だ発掘されていない遺体も数多くあります。慰霊塔には年齢ごとに頭がい骨が展示してありますが、10代の方の骨もあるのが悲しいです。
キリング・フィールドにて。
プノンペン郊外の処刑場あとです。トゥールスレン博物館から移動された白骨死体や、未だ発掘されていない遺体も数多くあります。慰霊塔には年齢ごとに頭がい骨が展示してありますが、10代の方の骨もあるのが悲しいです。
TOPへ戻る