本文へ移動

カンボジアに洪水が・・・

2013年10月14日
日本のみならず、地球の至る所で異常気象のニュースが蔓延してますね。
カンボジアでも凄い豪雨の影響で、豊かな大地の活動地域バッタンバン州でも広範囲に 及ぶ洪水の連絡が入りました。
幸い、生活圏に被害を及ぼした洪水も少しずつ引き始めているそうですが、現地スタッフと 綿密な連絡をとりながら被害の状況を確認し、どのように復旧していくかの検討を始めます。
 
第一報で入った洪水の状況をお知らせします。

バッタンバン市中も池の中に・・・

カンボジアは雨期と乾期の天候の影響を、もろに受けてしまうという「自然の厳しさ」があります。加えて治水対策がいまだしで、被害が大きくなってしまいます。
今回の豪雨は、タイ国境沿いの山間部「バンティアメンチャイ」「パイリン」の降雨量が凄く平野部になだれ込んで、国道5号線も冠水し交通止め、ダムの決壊を防ぐため住民を避難させた上放水した結果、人造湖「コンピンポイ」も泥水があふれる事になったようです。 農業も収穫に大きな影響が出そうです.
==人造湖コンピンポイからあふれ出る濁流==
=バッタンバン市中に流れ込んだ泥水==
==スタディーツアー参加者と村人で作った”きのこの菌床” ⇒ ツアー参加者のみなさん 残念です! 泥水の中に埋もれてしまいました==
==プレイピールGEJ小学校⇒ 周りは一面の泥水となってしまいました 幸い校舎の中への浸水はなかったとのことです==

今後 復旧状況をご報告していきます
TOPへ戻る