本文へ移動

都留(つる)市立東桂(ひがしかつら)小学校にてカンボジア交流会が開かれました

2014年03月10日
3月4日、山梨県の都留市立東桂小学校において「カンボジア交流会」が開かれました。
参加者は
●東桂小学校:6年生の生徒さん(89名)、先生の皆さん
●講演者:岩崎けんいちさん(シンガーソングライター)、雨宮由里恵さん(山梨国際交流協会)
●GEJ:寺平事務局長、モン・ソンバー カンボジア事務所副所長
です。
さてこの交流会は少し説明が必要です。
高山校長先生が山梨県の初狩小学校に赴任されていた折、「アルミ缶回収収益金をカンボジア復興支援に寄付する」活動を進めておられ、そのご寄付先が「豊かな大地(GEJ)」でした。
そして、2010年山梨県国際交流協会主催「カンボジアにおける地雷除去と復興地域の人々との交流事業」が行われ、カンボジアから3名(バッタンバン州政府、GEJ、CMACの職員)が来日し、初狩小学校を訪問、授業の様子を見学、また児童たちと交流しました。
カンボジアからお越しになったみなさんは、ご挨拶で復興支援に長年協力をいただいていることに深い感謝の言葉を述べられました(その中の一人がモン・ソンバーGEJ現カンボジア副所長です)。
翌年には、山梨県国際交流協会主催の「カンボジアスタディーツアー」が実施され、高山先生は団長として参加されました。
そのおりには、来日した皆さんがカンボジアでのコーディネーター役を務めました。
以降、GEJとの交流が一層深まり、カンボジア事務所モン・ソンバー副所長が来日した今回の機会をとらえ交流会が催されたものです。
 
高山校長先生のごあいさつ
高山校長先生は、最初のごあいさつで初狩小学校から始まるカンボジア復興支援活動への取り組み・GEJの生活再建・自立支援活動へのエール、そして生徒さん達に人を支えあう温かい心を育み続ける事の大事さをお話しされました。
モン・ソンバーGEJカンボジア副所長のご挨拶
モン・ソンバー副所長は、これまでのご支援・交流会に招かれたことのお礼と二度目の来日の喜びを述べました。
山梨県国際交流協会 雨宮さんのご講演
雨宮さんは、カンボジアとの交流経験のお話しの後、「ソンバー君の誕生日」を朗読されました。
モン・ソンバー副所長はカンボジア内戦時に、ご両親ともに失った悲しい歴史の体験者です。
その経験はGEJ編纂の教材「ソンバー君の誕生日。(ホームページ「教育関係者の皆さんへ」ご参照)で紹介しています。
今回は画像をプロジェクターで映写しながら、雨宮さんが素敵な朗読をしてくれました。
聴き入る皆さんは、情感豊かな朗読に感動していました。
岩崎けんいちさんのミニコンサートとトーク
岩崎けんいちさんは、弾き語りで”みんなで歌おう日本の歌””カンボジアの歌 アラピア”で皆さんを魅了してくれました。
皆さんとっても愉しい時間を過ごせました。
生徒さん達の合唱で締めくくりです
生徒さん達が”花は咲く”の大合唱でこのカンボジア交流会を締めくくってくれました。
素敵な交流会となりました。
みんなで記念撮影です。
世界に広げよう 思いやりの心!
TOPへ戻る