本文へ移動

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンかすみがうら大会 今年も健脚を競いました

2014年04月23日
4月20日の「かすみがうらマラソン」、今年で24回目の開催となりました。
テーマは『甦れ、霞ヶ浦 水はスポーツの源』『体験する福祉・ノーマライゼーションの実践』です。
GEJは『プラチナ・オフィシャル・パートナー』の日立建機(株)ブース内で活動のPRと、ご支援のお願いをしました。

2万7千人の参加者!

大会参加者は2万7千人、応援の家族の皆さんを加えると3万人をゆうに超える人数が会場周辺に集まりました。
早朝の電車は大混雑でした。
今年は雨は降らなかったものの、気温が低くランナーの方はもちろん応援の方もちょっと厳しかったかも・・・。
そんな中で完走されたランナーの皆さんの “走りおえた”という満足げな表情が素敵でした。
==『プラチナ・オフィシャル・パートナー』日立建機(株)土浦工場の前を 走る参加者==
 
GEJのブースにも多くの方がお越しになり、たくさんのご寄付をいただきました。
有難うございました。 
『プラチナ・オフィシャル・パートナー』日立建機(株)のブースでは、 人気の『サザコーヒー』コーナーを設けましたが、大人気で長蛇の列となり 「準備中10分お待ちください」の案内札が何度も登場するほどでした。 
==サザコーヒーの「サザ」は、「表千家の『且座式』さらに且座喫茶と言う中国宋代の漢文」に由来しているそうです==
 
すでに、気温が30度を超えるカンボジアから参加された2名のランナーの方にとっては、初めて体感する寒さだったと思いますが、日本に来てマラソンを走り終えた喜びに満面の笑みを浮かべていました。
==真ん中の3人がカンボジアからの参加者です==
左から チュート・スライノッチさん(通訳)、チョンム・ヴィスナーンさん(義足ランナー5㎞)
カン・トーンさん(フルマラソン)
 
カンボジアでは8月にアンコールワットフルマラソン、12月には、かすみがうらマラソンと姉妹大会のアンコールワットハーフマラソンがあります。
皆さん参加してみませんか?
TOPへ戻る