本文へ移動

南郷小学校で出前講座を開きました

2014年07月02日
GEJはパートナー講座として、事務所に来ていただき活動を説明する課外授業、NPO関連の会合の分科会やフェスティバル会場等での活動報告、小学校・中学校に出向いて活動説明する出前講座を開き、支援の輪を広げることに努めています。
今回は6月21日福岡県宗像市立南郷小学校にて開いた出前講座の報告です。
 地雷模型に"オソルオソル"触れる子どもたち

平和であることの幸せを感じました

出前講座のご要望は「総合的な学習の一環として子どもたちに、アジアの同年代の子どもが直面している状況を知らせたい」、加えて「平和であることの幸せを感じさせたい」と言うことでした。
開催日の6月21日には、5年生6年生の子どもさん70余名に父兄、先生を含め約90名の方が参加されました。
GEJの派遣講師は寺平事務局長で、「悲惨な歴史」「負の遺産」そして、それを乗り越え明るい笑顔で前を向いて進む村人たちの状況、村人たちの生活再建・自立支援に努めるGEJの活動について説明しました。
子どもさんたちは、近くて遠いアジアの子どもたちの状況に耳を傾け、平和であることの幸せを感じられたことと思います。
==内田校長先生のご挨拶から始まりました==
 ==説明するGEJ寺平事務局長 まずは世界遺産アンコールワットから==
==熱心に聴き入る南郷小学校の子どもたち==
==講座後にみんなで記念撮影です==

今回の“出前講座”は寺平GEJ事務局長のご友人でGEJの会員でもある須藤精治様から紹介があり開催の運びとなりました。
皆様からのご要望があればパートナー講座を開かせていただきますので 是非お問い合わせください。
TOPへ戻る