本文へ移動

H27年度活動要望地域の検討が始まりました

2014年12月13日
GEJは、CMAC(カンボジア地雷対策センター)による“地雷除去活動”の進捗状況を確認しながら、地雷除去後の村人の生活再建支援活動を進めます。
もちろん、これまでの活動地域に対するフォローアップ訓練を継続しながら、新たな取り組み地域を現地の要望を踏まえ、“GEJの目”で実態調査しながら検討をすすめます。
H27年度新規活動地域の候補が、CMACを始めとするバッタンバン州協力者の検討により纏まり、要望がGEJに届きました。
下図のオレンジ色の枠で囲まれた「オータニアン、チロック、プノンコポス、ポーサンポー村」です。
★★新規活動候補地詳細図★★
★★検討会に集まったバッタンバンの皆さん★★ ★★真剣に討議されます★★

GEJは、要望をベースに実態調査に赴きます。
“理念に基づいて”出来るところから、身の丈に合った活動を計画し遂行します。
“スピーディー”に“慎重”に。 
TOPへ戻る